2月15日(土曜日)に医療経済評価人材育成プログラム設立記念フォーラムを開催します。

「医療経済評価人材育成プログラム」の開講を記念して開くもので、厚生労働省をはじめ各分野の有識者や研究者が登壇し、医療経済評価(費用対効果評価)によってどのように医療が変化していくかを議論します。

 

【日時】2020 年 2 月 15 日(土)13:30~16:30(開場13:00) 

【会場】時事通信ホール(東京都中央区銀座5丁目15−8) 

【定員】250 名(事前申込制・応募者多数の場合は抽選) 

【内容】  

▽基調講演 「費用対効果評価の本格導入を迎えた現状と今後の展望」 =岡田就将氏(厚生労働省保険局医療技術評価推進室長) 

▽講演1「医薬品・医療機器の費用対効果評価とイノベーション推進に向けた方向性」=中村洋氏(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科教授) 

▽講演2「費用対効果で臨床現場はどう変わるのか」=中山健夫氏(京都大学大学院医学研究科 教授) 

▽講演3「医療経済評価:研究と政策の間の距離」=権丈善一氏(慶應義塾大学商学部教授) 

▽パネルディスカッション 

座長 武林亨氏(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科委員長) 

後藤励氏(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 准教授) 

パネリスト 中村洋氏、中山健夫氏、権丈善一氏

※プログラムは変更になる可能性があります。

 

【申し込み方法】次のホームページから申し込み。 

「これからの医療技術と医療制度―費用対効果を考える」応募ページ 

https://cp-entry.com/keio-hta/forum

 

【応募締切】 

2020 年 2 月 6 日(木)18:00 

【問い合わせ先】 

医療経済評価人材育成プログラム設立記念フォーラム事務局 

TEL:03―5283―5529(平日 10:00~18:00) 

FAX:03―5577―3043 

e-mail:jimukyoku@cpfine.biz