ABOUT

医療経済評価
人材育成プログラムとは

医療技術は日々進歩しています。一方で、日本の医療を支える国民皆保険制度は、
社会保険料と税という「みんなのお金」で支えられています。
これからも私たちの健康を支える制度にするために、効果と費用のバランスをどうやって考えていけばよいのでしょうか?
それに答えを出してくれるのが、「医療経済評価」です。
本プログラムでは、幅広い専門分野を持った教員スタッフから医学と経済学
両方の視点から医療を分析するツールを学ぶことができます。
海外はもちろんのこと、日本でも薬や医療機器の値段を決めるのに、
医療経済評価(費用対効果評価)が利用される制度が2019年度から始まりました。
医学と経済学の両方を学ぶと言われると難しいと思われるかもしれませんが、初学者に対しても、
基礎から応用まで多彩な授業を設けていますので、心配ありません。
医療経済評価の知識を持って、医療技術と医療制度を分析する力を持ち、未来を一緒に考えてみませんか?

FEATURE

プログラムの特徴

  • 都心で医学も経済学も
    効率的に学ぶ
    慶應義塾大学の複数のキャンパスの教員が信濃町に集まり、学生のみなさんに医学と経済学を中心とした多彩な科目を提供します。
     本プログラムは、健康マネジメント研究科の修士(公衆衛生学)、博士(公衆衛生学)コースに位置づけられるサーティフィケートプログラムとして開講されます。他研究科の大学院生、連携協定のある他大学の大学院生あるいは科目等履修生としての履修も可能です。
  • 教育に加えて研究と実務の
    経験も得られる*1
    医療経済評価は、実際の分析をやってみないとわからないことがたくさんあります。そして、分析理論や方法も新しくなっています。本プログラムでは、知識だけではなく、実際の分析を通した経験と、今後の医療経済評価を発展させていく研究環境も提供します。

    *1 慶應義塾大学先導研究センター内に、「医療経済・医療技術評価研究センター」を設置予定

  • 充実した学生サポートと
    キャリア支援*2
    本プログラムでは、学習・研究スペースの確保、医療経済評価に必要な分析ソフトの貸与などの学生サポート体制を作ります。また、国立保健医療科学院や他大学との連携により、在学中のインターンシップや講師の招聘などを通じて、修了後のキャリア支援を行います。

    *2 本プログラムは、国立保健医療科学院の「医薬品及び医療機器等の費用対効果のための人材育成プログラム開発事業」を受託して発足したプログラムです。